歯科衛生士の役割とは

歯科衛生士の仕事内容とは

歯科衛生士の待遇について

歯科衛生士とは歯の点検や歯石を取ったりする予防処置、子どもや老人に歯磨きの指導をする保健指導、歯医者さんのサポートを行う診療補助という大きく分けると3つの作業を行います。では給料はというと30歳前後で350万程度が平均です。基本的にキャリアと能力によって貰える賃金が変わってきます。ですので、勤務年数が増えれば増えるほど給料が上がっていくことになります。ただ、職場によってだいぶ差があるので、いろいろな職場を回って働くフリーランスという働き方が人気です。歯科衛生士は女性に適した職業です。興味がある方はぜひ目指してみることをおすすめします。

歯科衛生士の給料と将来性

歯科衛生士になりたいという人は多く、その理由として安定した職業と将来性があげられています。給料は平均年齢33歳で勤務年数6年で約26万円、年間賞与約44万円、平均年収約\353万円という統計調査が発表されています。歯科衛生士の給料は規模の大きさに差がでることはなく、キャリアと能力に応じてアップし、勤務年数が増えると昇給が行われ、将来性のある職業です。職場の人間関係は患者さんが相手で、トラブルが起こることも少なく、女性の仕事には向いています。資格をいかした職業で、安定した収入が魅力です。共稼ぎをしている女性も多くいます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科のカウンセリング. All rights reserved.