歯科技工士への道のり

歯科技工士になるには

歯科技工士になるには

歯科技工士とは医師の指示に従って、入れ歯・金冠・差し歯・矯正装置などの制作・修理に携わる人のことをいいます。そのため、丁寧で正確な技術が要求される職業であるといえます。この職業になるためには、まず資格を取得する必要性があります。まず、所定の教育機関で学び、歯科技工士国家試験に合格しなければなりません。合格して手続きをすればはれて仕事を行うことができます。教育機関には高校生以上の者が入学を許されています。卒業までの期間は2年・3年・4年制とさまざまなタイプが存在します。細かい作業が好きという方はぜひ資格取得を目指してみるといいでしょう。

歯科技工士の資格をとる為には

歯の健康を保つことは、人間の健康にとって欠かせない要素です。健康な歯を保つためには歯科の存在は重要です。歯医者で働いている人にはさまざまな職種の人がいます。その中の一つ歯科技工士の役割は、医師の指示を基に入れ歯やさし歯、矯正装置などを作ったり修理したりします。歯のかみ合わせに問題があると、痛みや違和感を感じて美味しく食事が出来ません。技工士には高い専門性と技術力が求められるのです。この資格を取得する為には国家試験を受けて合格する必要があります。受験資格を取得する為には専門機関で学び卒業することが前提になります。試験は学説試験と実地試験の2種類があり、両方を受ける必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科のカウンセリング. All rights reserved.